年賀状

フラクシ宛に年賀状を何通もいただきました。まずは失礼ながらこの場をもって、年賀状をお送りいただいた方にはお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

フラクシも、私個人も年賀状のあり方について考えている途中です。多くのはがきに埋もれてしまう年賀状を出す意味として、お年玉以外にあるのだろうか?作る上での葛藤やストレスを上回る喜びが得られるのだろうか?気持ちが伝わるのだろうか?という疑問。そして年末年度末の近づく忙しい時分に、作業を上乗せせざるを得ない現実的な悩み。

しかし一方で長い時間おつきあいいただいている方にたまには一言お礼申し上げたい、一言近況をお伝えしたい気持ちもあります。

メールもSNSも十分すぎるほど普及している中、郵便による一筆が風情を伝える以外に必要か。そもそも風情もないお仕着せの写真の上に、一筆も書かれていないハガキも少なくない昨今です。

まず年賀状というフォーマットはフラクシとして継続しないことにしました。ただ、違う形でのご挨拶のあり方については暇をみて模索を継続するという問題先送りです。

 

いただいた年賀状の中には手の込んだ版画だったり、近況を文章で丁寧にお知らせいただくといった、これぞ!年賀状!な、素晴らしい年賀状があるんですよね。頭が下がります。気持ちを込める余裕が、私にないんですかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です