掘って掘って

基本的に自社製品を作って売るというスタンスなのですが、問い合わせによっては他社の製品をそのままご紹介した方がよほどお客さんにとってはよいわけです。

国内メーカーなら紹介で終わってしまうのですが、海外の製品、特に既製品ではなくて仕様を決めてオーダーする製品の場合、先方との技術的なやり取り、支払い等を考えて弊社にそのまま依頼されることも増えてきました。

先日はキャビティリングダウン(CRD)分光に使う特殊な赤外ミラーが必要ということで話を伺いました。波長も特殊なら、部分反射率もかなり厳密に規定したいということでしたので、徹底的に探しました。結局ずいぶん前に海外の展示会で回収してきたパンフレットをつてに、ある海外のメーカーに問い合わせて、ようやくできるという回答がもらえました。

自社の製品に載せる部品を選ぶときも同じです。特殊仕様の部品を少量供給できる会社は多くありませんから、大げさですが世界中を探すほかありません。今はウェブでかなり調べがつきますが、埋もれて見えない小さい会社がまだまだたくさんあるようです。そういう依頼先を持っているかどうかが実は弊社の製品の可能性にも大きく影響するということから、たまには調査も必要だなと再確認しました。せっかくいいオプティクスの会社と知り合えたので、これをベースにいい製品がまた出せるといいんですが・・・

国内にないんでしょうか?と聞かれます。

今となっては笑い話のような技術立国日本ですが、それでもなお光学部品を製造するメーカーだけでもたくさんあります。それらの会社には上記の特殊ミラーはできないのかと思うのですよね。うーん、ものによるとしか言いようがありません。できる・できないとやる・やらないが別ですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です